6月 30, 2022

    東京オリンピックの開会式で1,800機のドローン登場

    Related

    なぜ世界の機関投資家は日本の不動産を選ぶのか

     高齢化社会や人口減少の懸念よりも、価値上昇の方が強まると機関投資家は判断しているようだ。South China Morning Postが報道した。  COVID-19の感染拡大やリモートワークによる都市部の空洞化といった懸念を抑えて、日本の住宅不動産市場が世界の機関投資家から選ばれるようになった。  Savills Investment ManagementはJapan Residential Fund IIの下で最近東京中心部や郊外、大阪中心部などの住宅市場で10の物件を取得した。合計金額は240億円(2億1,800ドル)にもなる。また4月から5月の間には、代々木上原や池袋、池尻大橋などで4つの資産を取得した。  フランスの保険大手AXAのオルタナティブ投資ファンドであるAXA...

     日本で開催された2020年夏季オリンピックの開会式は、オーケストレーションされたビデオゲームのサウンドトラックをフィーチャーした国々のパレードで魅力的なものとなっていた。Engadgetが報道した。

     式典の終わりには1,824機のドローンがオリンピックスタジアムの上空を舞った。2020年のゲームシンボルを描いた後、ジョンレノンのImagineがスタジアムで演奏される前に地球の形になった。Hans Zimmerによって編曲されたバージョンだ。

     こうした表現方法には見覚えがあるとEngadgetは述べる。2017年のスーパーボウルでは300台のドローンが米国の星条旗を形成した。これまでで最大の規模ではなかったものの、非常に印象的なショーだったと付け加えた。

     こうした素晴らしいアイデアとそれを実現できる日本の技術力は、たとえ1位でなくとも十分に世界中を魅了するものだった。COVID-19のパンデミックが続く中でも、素晴らしい開会式を実施できたことは称賛に値する。